45歳からの大人チャレンジ

やれば出来る❗️なにかを始めるのに遅すぎることはない❗️

笑う門には福来る ご機嫌だと良いこといっぱい

思い通りにならないことに、つい イライラしてしまったり、凹んだり…

つい この間まで、そんな毎日を送っていて、 夜 布団に入って 寝る前になると 「あーやっちゃったなぁ⤵️」と後悔する事が 多かったです。

自分を自分でコントロールできないほど、病んでいたのですね… 元々はそういう人ではないのに…

食べて寝て遊んで 基本のほほーんとしているknaさん。

また そんな本来の自分に戻りつつある今、笑顔でご機嫌に過ごすことの大切さを痛感しています。

もうすぐ今年も終わります。クリスマス
大晦日 イベントもまだ残っていますが、ご機嫌な自分をプロデュースしてみませんか?

ご機嫌な人ってどんな人?

いつも機嫌のいい人って、見ていてこちらまでハッピーな気分になりますよね

どんな場面でも感情に振り回されることなく いつも静かに笑っている😊 それはそれで 不気味⁉️なんて…

knaさん 実はいつもご機嫌だねって言われる人でした。過去の自分を振り返ってまたご機嫌な自分を取り戻すべくミッションを考えてみました。

ストレスを溜め込まない

元々 あまりストレスを感じないタイプだったのですが、ストレスがとっても怖いものだということが分かりました。

たまりすぎると、自分を見失ってしまいます。発散しようにも、発散する気力さえ奪われます💧そのために 溜め込む前に こまめに発散させることが大事なんですね。週末のプチお出かけでも 夜時間を好きなことをして過ごしたり、ちょっと体を動かしてみたり…ストレスの発散の仕方は人それぞれ。溜め込まないことが大事です

完璧を求めすぎないこと

やるべきこと やらなくてはならないことで 頭がいっぱいで 本当に自分のしたいことは、ついつい後回しになりがちですが、いつも 完璧を求めすぎると疲れてしまいます。

昨日の記事にも書きましたが人間、晴れの日も雨の日もあります。心が曇っているときに、完璧に物事をこなそうとしても、難しいし、できなかった自分に落ち込むことになってしまいます。 時には「まっ いいか」と思えることも大事なんですね。

今の職場に来て、初日 一緒にお茶を飲んでいたところ、ちょっぴりこぼしてしまったんです。knaさん やっぱり病んでいたんですね、とっさに「あーぁ」と言ってしまいました。表情も一瞬変わったのですかね…それを見ていた子どもが、「せんせー、気にしないで」と言ってくれたんです😮ハッと我に返りました 「こんなことで動じるknaさんじゃなかったじゃない。しっかりして自分❗️」と… お茶をこぼしたくらい、拭けば良いんですよ なんてことはない なんて心が狭くなってしまったんだろうと情けない事です。もっと どっしり構えてなくちゃね。失敗したっていいじゃない😊

怒る門には鬼来る⁉️

笑う門には福来るの反対で、常に不機嫌でいると、人が近寄って来なくなります

イライラしている人の側にいたいと思いますか?

この人の周りにはいつも人が集まっていて、楽しそうと思う人って、ご機嫌オーラに包まれている感じがします。

身近に感じた出来事は、最近 またリビングに家族が集まる機会が増えたかな?って思います。やっぱり 母がご機嫌で美味しいご飯があることって 最強⁉️

自ら 大切な人を遠ざけてた

家族が 一緒に出掛けてくれなくなったな バラバラの時間が増えてきたな… それは 子ども達が成長していく上で避けられない現実なのかなと思います。 最終的には自立してもらわないと困りますからね。

でも 夫や はたまた恋人とぎくしゃくするなぁと感じたら、それは自分に原因があるのかも… 自分の感情を押さえすぎて 殻にとじ込もって 笑顔を忘れていませんか?

knaさん、自分を押し殺して我慢の毎日を過ごしていたせいで、知らず知らずのうちに 負のオーラを醸し出していたのですね。夫も 近づきたくないはずですよね…おまけに部屋も散らかって、美味しいご飯もなければ…

今更ながら、勝手に自分は必要ないんじゃないかって思い込んで孤独を選び、プチ家出した自分を反省です。

プチ家出した所で、大切な人は戻ってきてくれるわけではありません。幸い 心の広い夫なので別れずに済みましたが、もしかしたら悲しいお別れをすることになるかもしれません。

世の中の女性の皆さん、昔から言われるように、女は愛嬌です。 ニコニコしていてご機嫌な女性の隣にいる男性は 魅力がアップ⤴️⤴️するらしいですから、男性もきっと 綺麗な人や可愛い人に弱いって人も 最終的には笑顔の素敵な人を選ぶのかなと思います。

時には適当に生きること

この三年間位、今までの自分にはありえないくらい ストイックな日々を過ごしていたんだなと思います。

あまりにも 「should」や「mast」に縛られ過ぎていた気がします。

何か目標を達成するためには、するべきこと、やらなくてはならないことはついて回ると思いますが、そこにあまりに執着してしまうと、息苦しくなってしまうのかなと思います。

もっと「I want」の感情で動いていいんだという事に改めて 気づかされた 今日この頃 本当に感謝です。

自分がどうしたいか? 何をしているときが幸せなのか? 誰といるときが楽しいのか? 何処に居るときがリラックスするのか?

気を付けたいのは 主語が私「I」であることです。

誰かのためにするのではなく

自分のしたい事 やりたいことに もっと向き合って良いという事です

残り少ない今年の目標は もっと自分のやりたいことを一生懸命やることです。

もし 達成できなくても 来年の目標にしていきます。先ずは そこに気付けた事が 目標に1つ近づけたかなと…

でわ 足取り軽く 行ってきます🙋

にほんブログ村 主婦日記ブログ がんばる主婦へ
にほんブログ村