45歳からの大人チャレンジ

45歳からの大人チャレンジ ダイエット 断捨離 アフィリエイト 何かを始めるのに遅すぎることはない !

親が変われば子も変わる

保育士になって20数年

親になって19年

自分の保育観も変わったところもあるけれど、時代の流れと共に、保育も様変わりし、保育士や園へのニーズも多様化し 対応することが困難になってきているなぁと 感じる昨今であります。

以前のブログにも書きましたが、私たち保育士は働くパパやママの応援団では、ありますが、子どもたちが心身ともに健やかに成長していくのには、やはり親御さん方のご協力を得られないことには、難しいのかなと思います。これは時代の流れの問題ではないと思いますが、ごく稀ではありますが、お子様をまるで宅配便の荷物のように置かれていく方がいます。 荷物よりも ひどいかもしれません。荷物でも クールだとか割れ物注意とか扱い方がありますし、時間指定とかありますよね。私たち保育士は、お預かりするときに、お子様の様子を見ながら、時には手で触れながら、熱はないか?顔やからだに傷等ないか?目は赤くなったり目やにが出たりしてないか?鼻水は出てないか?等 行ってらっしゃいを言う間にお子様を観察して、お預かりします。そんなことをする間もなく、黙って荷物と一緒にお子様を置いて行かれる方が本当にごく稀ですが いらっしゃるのです。

保 教 療 知 食

育 育 育 育 育

全て 育ちという土台の上に成り立っているものです。

これだけは児(子ども)がしたにいますね。育てあげなくではいけませんからね。育てるのって 基本 親ですよね。

様々な事情がある世の中 子どもを育てられないという家庭があるというのも 分からなくはありません。

だけれども、保育士は子どもを見てるのが仕事なんだから、なんでも保育園で、お願いしますよ こっちは保育料払ってるんだから というような 思いで預けているとすると、申し訳ありませんが、お子様伸びません💦

その子にしっかりと向き合って育ててくれる人がいれば、人というのはお父さんお母さんだけでなく、おじいちゃんでもおばあちゃんでもです。もっと言ってしまえば血の繋がりはあまり関係なく、その子にどれだけの思いがあって、愛情が伝わっているかで、育ちという土台がしっかりと育まれて行くと思います。

私たち保育士は、その育ちをサポート お手伝いする事が お仕事だと私は思っています。育児はとっても大変だけれど、楽しくもあります。

三つ児の魂百まで

3歳まで心の栄養をたっぷりあげて、しっかり向き合って、土台をしっかり育むことで その後の伸び代がグーンと広がると思います。

時代が変わっても保育が変わっても そこは 変わらないんじゃないかなと思うし、変わらないでほしいなと思います。

教 共 協

育 育 育

ですかね🤗

にほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ
にほんブログ村